Date:
User

Password


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  執筆者である私は1999年夏に、日本東京に所在するあるヘアサロンに髪を切ってもらっていました。後ろから聞こえた声に注意を引かれ、ふっと顔を上げたら、目の前の鏡に後ろに座っている若い女性の姿が映っていました。彼女は彼女を担当するヘアデザイナーに向かって大きな声で文句を放っています。私は彼女の様子をよく見分けたら、ヘア担当が彼女の髪にパーマをかけ、とうとう滅茶苦茶な髪型としてしまったのです。彼女は涙を流しながら、顔色に怒りを表わして、悩んでいる情景を見ていると、私は考えたのです。

  私たちが持っている髪は、まさしく神様から人々に下さった美を表わす元素の一つだと思っても良いでしょう。だが人々は髪が原因に悩むこともしばしばあり、新しいヘアスタイルに変えようと思っても、失敗を恐れます。風に吹かれる度に揺れる長い髪がほしくても、すぐにはなれるはずがありません。

  魔法の髪部屋“モールファンハウス”と言う名前は、髪型を変えることは魔法を使った同然に、素早くできる、負担を感じることなく、また髪を楽しむことで限りなく歓楽が得られる、と言った事を意味しています。
ローゴーの真中の髪という文字の中国語での発音は英語の単語ファンの発音と似ており、髪は単なる髪でなく、髪を楽しむことからファンが得られることが意味付けられて名づけました。
我はいろいろ髪の色、豊かな色彩を持つことで、ファッション好きの貴方の好みに合わせることができます。純白を愛する新台湾の渋い若者でも、亜麻色好きのボヘミアン美少女でも、貴方が注文すれば、我々はご希望の髪色に仕上げて見せます。
 

  西暦二千年eモールファンが誕生し、日本、韓国各地の人々を魅了しました。エアスタイルを変えることや、髪色を変えることは、簡単かつ便利にできる事だと証明しています。気持ちを切り替えたいときに髪型を変え、時間の浪費も面倒な手間もなく、お洒落なファッションを髪型から見せましょう。